ピザ宅配高校生絶倫-1

新婚数ヶ月なのに、主人は海外出張が多くて、出張中は、いつも寂しい夜をすごしています。

特に、出発した日は、人恋しくて、精神が不安定で、朝まで眠れない事が多いのです。

先週も、主人は海外出張に出かけてしまったのですが、今回は、私の生活と人生が変わってしまう出来事が起こったのです。

・・・ 夕暮れから始まった少年との狂爛は、夜が白々と明け始まる頃まで、止まること無く続いていました。

その少年は、それほど頑丈ではない肉体なのに、持続し続ける体力は、主人の数倍もあるでしょうか。

何度も何度も、許してーと絶叫しながら懇願して、責めを止めてもらわなければなりませんでした。

その後に、もっと激しい責めがあるのを分かっていながら。

私の声は、歓喜の声を挙げ、絶叫し続けたために、かすれ始めていました・・・・

その日も、いつもの時のように、ピザの宅配を取って一人で夕食にしようと思いました。

みぞれ混じりの冷たい雨が降る夜でした。

玄関には、びしょぬれになったピザの宅配のアルバイト高校生が、ピザを大事そうに持って立っていました。

「あら、、ごめんなさいね。こんな日に頼んだりして。このタオルで体を拭きなさい。風邪を引くわよ。」

ピザを受け取ってから、バスタオルを頭にかぶせてやさしく拭いてあげました。

「大丈夫です。こちらが最後のお客なので、もう帰るだけですから。」

「あら、そうなの。それなら、熱いシャワーに入って、体を温めていきなさい。」

少年は、どうしようか迷っていたようですが、私が無理やり手を引っ張って、シャワールームに連れて行ったのです。

「頭も、体も、きれいに洗いなさいね。タオルは、ここにあるし、ガウンを着て出てきなさい。 いいー。」

「はいー」

少年も、そのつもりになったのか、素直に、元気な声を出して返事を返してきました。

シャワールームに入った少年の裸のシルエットを見ながら、脱いだ衣類についた少年らしい匂いを嗅ぎながら、これからの出来事を想像したのです。

リビングルームのソファーで、ワインを飲んでいると、真っ白いバスタオルで

長身の身を包んだ少年が、タオルで頭を拭きながら、リビングルームに入ってきました。

170cmほどの長身で、体格はがっちりしているのに、痩せていました。

顔も細く、鼻が高く、凛々しい少年でした。

少年は、ソファーでワインを飲んでいる私の傍によりながら、

「僕も、ワイン飲んでもいいですか?」

「いいわよ、二人でパーティーしようか。」

二人が、その気分になるには、時間はかかりませんでした。

少年が恥ずかしそうにキスをしてきたのが合図でした。

私は、彼の胸に寄りかかりながら、ガウンのベルトを外すと、白く伸びた太ももの中央に、黒々とした巨大な男根がそそり立っていました。

完全に勃起して、包皮から完全に抜け出た亀頭が光っていました。

その男根には、太い蔦が絡まるように血管が浮き出て、所々に真珠を入れたように丸い瘤ができていました。

その巨大さに対する恐怖と、これから体験するだろう強烈な快感を想像して、身震いしました。

私は、少年の胸に口を近づけ、激しく乳首に吸い付いて、舌で嘗め回すと、少年は腰を揺らしながら男根を突き上げ始めました。

「しゃぶって、あげるね。」

口を、精一杯広げて、やっと亀頭が口の中に納まりました。

口の外には、まだ20cmほどの太いさおが、硬直しながら息づいていました。

さおには、ところどころに、節くれだった瘤ができており、硬直した血管が蔦のように巻きついていました。

一つ一つの瘤に舌を這わせ、血管の一本づつにキスをしました。

それから、少年を、素っ裸にしてソファーに寝かせました。

ギリシャ神話の大理石の彫像のような、真っ白い肉体、長く伸びた足、獲物を狙うような澄んだ瞳

そして濡れてそそり立つ男根が、私の眼の前に投げ出されていました。

少年は、口の使い方が上手で、クリを吸われて、最初の絶頂を迎えてしまいました。

それからは、少年の好きなように、責められ続けたのです。

体中にキスされ、吸い付かれ、そして激しく、突き続けられ、失神するまで、体の奥深く、精液を注がれたのです。

明け方に、二人とも汗まみれで、繋がったまま寝てしまったのですが、私が早く目が覚めたので、早速、巨根をしゃぶって、少年を起こしました。

今度は、私が上位で、少年を責めたのですが、すぐに引き倒されて、失神するほどの、絶え間ない絶頂に導かれたのです。

少年は、次のアルバイトの日まで、何度も、何度も、私に精液を注ぎこんでくれました。


明け方に、二人とも汗まみれで、繋がったまま寝てしまったのですが、私が早く目が覚めたので、早速、巨根をしゃぶって、少年を起こしました。

今度は、私が上位で、少年を責めたのですが、すぐに引き倒されて、失神するほどの、絶え間ない絶頂に導かれたのです。

少年は、次のアルバイトの日まで、何度も、何度も、私に精液を注ぎこんでくれました。

(・・・新婚数ヶ月なのに、主人は海外出張が多くて、出張中は、いつも寂しい夜をすごしてたのに

みぞれ混じりの冷たい雨が降る夜に頼んだ、ピザの宅配のアルバイト高校生に、その寂しさを吹き飛ばしてもらったのです。

高校生とは思えない性のテクニックと、鍛え上げられた鋼鉄のような男根で、朝まで、何十回も、いかされ続けたのです。

それ以来、彼とは会えない日々が続き、悶々とした日が続いていたのですが。・・・)

(・・・ その日の、夕暮れから始まった二人の少年との狂爛は、夜が白々と明け始まる頃まで、止まること無く続いていました。

久しぶりに会った以前の少年とは、懐かしさもあって乱れるほどに求め合いましたが

今回は、もう一人の少年が、二人の狂乱するSEXを見せ付けられて興奮し、一層激しい責めを私に与えてくれたのです。

その少年もがっしりいた体格で、それほど筋肉は付いていない肉体なのに、持続し続ける体力は、主人の数倍もあるのです。

しかも、この少年の男根も、以前の少年に負けないほど、女性の性の悦びを肉体の奥深く埋め込めるように鍛え上げられていました。

何度も何度も、許してーと絶叫しながら懇願して、責めを止めてもらわなければなりませんでした。

一人が果てても、すぐもう一人の少年の怒涛した男根が待ち受けたように挿入されるのです。

毎回失神するほどの絶頂を迎えても、その後には、もっと激しい新しい男根の責めが待っていたのです。

私は、歓喜の声を挙げ続け、絶叫し続けて、白々と明けてくる朝を迎えたのです。・・・・ )

主人の前回の出張中に起こったピザの宅配少年との出来事を思い返す度に、もう一度あの少年に逢いたくなって仕方がありませんでした。

そんな時に、主人のアメリカへの海外出張が決まったのです。

夕方の飛行機に乗る主人を見送った私は急いで帰宅して、早速ピザ屋さんに電話しました。

その日は、暑い夏の日でした。

家のベルがなったので、玄関に行くと、そこには、別のアルバイトの少年がピザを持って立っていました。

ショートパンツ姿の、少し幼い感じのする長身の美少年でした。

「あら、、いつもの宅配の人と違うのね」

私は、がっかりした気分で、その少年に聞いてみました。

「えーっと。先輩は、昨日までバスケの合宿で、もうすぐ店に来るって言ってました」

「あー、そうなの。それじゃ、彼が来たら最後でいいから、もう一つ同じピザを持ってきてもらってくれる?」

その少年は早速、店に電話して

「先輩がすぐもって来るそうです。あーそれから、僕も待っているように言われました」

玄関で戸惑っている少年を、背中を押してリビングのソファーに座らせました。

ハーフのような綺麗な顔をした少年を目の前にして、もう我慢ができなくなってしまいました。

座っている少年のTシャツを脱がせ、ショートパンツに手を掛けると、以外にも少年は腰を浮かせて脱がすのを助けてくれました。

真っ裸でソファーに座わらせた少年の股間には、半分勃起した黒々とした恐ろしいほど巨大な男根が宙を向いてゆらゆら揺らいでいました。

もう止める事ができない欲情がうねり始めました。

ノーブラジャーのブラウスを開き少年の口に片方の乳房を押し付けると、少年は赤子のように音を立てて強烈に吸いついてきました。

性感は解放され、夢遊病者のように着ている衣服の全てを投げ捨てました。

素っ裸になって、完全に勃起した少年の巨大な男根の上に腰を下ろすと、苦痛の後に、体の芯に突き刺さる快感が全身に広がりました。

少年を座らせた体勢で、前向きと後ろ向きで狂ったように腰を振り続け二回づつの絶頂を迎えたのです。

その後は、ソファーに投げ出されて、少年に押さえつけられて激しい責めに耐えなければなりませんでした。

中でタップリ精液を放出しても、鋼鉄のような硬さと巨大さは変わらず、延々と責め続けられるのでした。

玄関のドアチャイムが鳴ったのは、精液と汗だらけになった二人がシャワーを浴びてソファーに座ったその時でした。

少年は、素っ裸のまま玄関に行き、ドアを開けるとそこには先輩と呼ばれた少年がピザを持って立っていました。

先輩の少年は様子が分かっているので、まっすぐ私の座っているソファーの前に来ました。

私は懐かしくて、すぐにキスをし、空いた両手で彼のズボンと下着を下ろし、待ちかねていた男根を握り締めてしまいました。

素っ裸の二人を見た彼の男根は、怒りと興奮で以前よりも巨大に膨張していました。

彼は私の頭を捕まえ、男根を咥えさせました。

私は、ひざまずいて彼の怒り立った男根にしゃぶりつき、最初の射精をねだりました。

それからは、彼の思うままに攻め立てられたのです。

私の感じるポイントや体位、それに絶頂に近づく気配も全て知り尽くされているのです。

強烈に激しい男根のピストン運動で、3回も立て続けに絶頂を感じさせられ、体がぐにゃぐにゃになってしまいました。

それから、彼の責めの本番が始まったのです。

今までは、絶頂が近づいたその瞬間に、巨大な男根の強烈な差し込みがもらえたので、確実に絶頂に到達する事ができたのです。

今度は、絶頂が近づいた寸前に、怒涛した男根が途中まで引き抜かれてしまうのです。

絶頂を目指して膨張した肉壷と、開いた子宮の口がわななくように痙攣して絶頂が遠のいてしまいます。

しばらくして、また巨大な男根の強烈な差し込みが続けられ、同じ性技のプロセスが繰り返されるのです。

絶頂の感覚が頂点に近づき、あと一刺しで失神するところを寸前で正気に戻されてしまいます。

体中の神経が狂わされ、発狂寸前にまで追い詰められるのです。

涙とよだれをたらしながら、激しい責めを懇願し続けました。

とうとう最後に幸せな瞬間が訪れました。

完全な絶頂の極地に墜落するための強烈な一撃が巨大な男根によって体内に打ち込まれました。

口を開き、目を見開いて、両手足で体を支えて失神しながら深い深い眠りに落ちていったのです。

明るい日差しで目がさめたのは午後になってからでした。

何時間、眠っていたか分かりませんが、頭も体もすっきりしていました。

いつもより、肌もつやつやして張りがあるのが分かりました。

テーブルの上には、彼の書置きが置いてありました。

「明日から、北海道に引っ越すことになりました。」

札幌の住所が書かれていました。

私は早速、札幌のホテルと飛行機を予約して主人が帰ってくるまで、札幌のホテルで彼の調教を受け続けようと決めたのです。


   The end・・・・・・・